太陽光発電を設置することで電力充填!|家庭から企業まで

男性

電池の種類について

不動産

現在、名古屋などの太陽光発電で最も利用されている電池はシリコン系太陽電池と言われている物です。これは電気的な性質の異なる2種類の半導体を重ね合わせた形をしています。太陽電池に太陽の光が当たると-と+が発生します。これらが半導体へ作用する事により、方面と裏面煮付けた電極に電球屋モーターのような負荷がかかり、電流が流れ出す事になります。太陽電池は変換効率によって選択するべきと言えます。変換効率とは太陽電池に入社下光のエネルギーのうち、どれだけを電気エネルギーに変換するかを割合で表す数値となっています。
名古屋などの太陽光発電に必要な太陽電池には、シリコン以外にも様々な種類があります。これは使われる素材や構造によって種類が変化します。より性能を高めようと開発中の商品もあります。名古屋などの太陽光発電でも用いられているシリコンで、できている電池の中でも、結晶系と言われている種類があります。これは単結晶シリコンと結晶シリコンの電池に分けられます。単結晶は単結晶か多結晶のシリコンを基板に利用しているタイプで、発電効率が優れています。現在1番利用されている電池がこれになります。アモルファスシリコンを利用している種類は、ガラスや金属の基板の上に薄膜状のアモルファスシリコンを形成して作っています。もう少し開発が進めば、低価格にして大きく普及させられるのでは無いかと期待されている種類がこれになります。名古屋などの太陽光発電では、科学半導体系と言われるシリコンを利用していないタイプもあります。これは複数の元素を原材料としている物で、単結晶も多結晶のタイプがあります。単結晶の太陽電池には人工衛星等の特殊用途に利用されている物があります。